離婚時の厚生年金の分割制度が
平成19年4月1日から始まります。

離婚時の厚生年金の分割制度

 従来は専業主婦が離婚すると基礎年金(国民年金)しかもらえません。としか答えることが出来ませんでした。今回の年金改定でこの問題に解決の道筋が付いたといえます。

夫が会社員・妻は専業主婦の場合

この場合夫婦で受け取ることが出来る年金は、基礎年金二人分と夫の厚生年金。
妻が保険料を支払っていない3号被保険者の場合、これまでは離婚すると、妻は自分の基礎年金しか受給できず、厚生年金の受給権はすべて夫にありました。
 しかし、それでは専業主婦の家庭での働きを評価していないということで、今回の改定で妻の家庭内での働きが評価されることになったといえます。
(保険料は夫婦で負担しているとみなし)

平成19年4月以降に離婚した場合

夫婦間の合意か、裁判所の決定があれば、妻は夫の厚生年金を2分の1を上限に
妻の年金として受け取ることが出来ます。
たとえば、モデル世帯なら夫の厚生年金は現在約10万円ですが、妻はその半分と
基礎年金(6万6千円)を受給出来ます。(合計約11万6千円)

平成20年4月以降に離婚した場合

夫の厚生年金の2分の1を自動的に受け取ることが出来ます。

妻に厚生年金加入期間がある場合

厚生年金は夫婦の合計額の2分の1が分割上限額となります。

 これまでは、離婚した場合の話し合いで年金の一定額を妻に渡す合意ができていても
それがなかなか実行されないと言う問題がありました。
今回の改定では合意されれば、年金は社会保険事務所から直接妻に支給されます。

妻が専業主婦の場合

(現在は妻の基礎年金のみ・夫は基礎年金と厚生年金)
妻の基礎年金と夫の厚生年金の2分の1
夫は基礎年金と自分の厚生年金の2分の1

妻が厚生年金に加入期間がある場合

(現在は、妻の基礎年金と厚生年金。夫も同様)
妻は自分の基礎年金と夫と妻の厚生年金を合計した額の2分の1
夫も同様に、自分の基礎年金と妻の厚生年金と自分の厚生年金の合計額の2分の1

合意分割制度 3号分割制度
 制度の開始時期  平成19年4月1日  平成20年4月1日
 分割の対象となる離婚等  平成19年4月1日以降に離婚等をした場合  平成20年4月1日以降に離婚等をした場合
 分割される対象  婚姻期間中の厚生年金の保険料納付記録  婚姻期間のうち、平成20年4月1日以降の第3号被保険者期間中の厚生年金の保険料納付記録
 分割の方法
 婚姻期間中の厚生年金の保険料納付記録が多い方から、少ない方に対して記録を分割  第3号被保険者期間中に厚生年金の被保険者であった方から、第3号被保険者であった方に対して記録を分割
 分割の割合  当事者の合意又は裁判手続により定められた年金分割の割合  2分の1の割合
 手続の方法  当事者の一方による請求  当事者のうち、第3号被保険者であった方による請求
合意分割制度と3号分割制度の相違点

合意分割制度と3号分割制度の主な相違点は、次のとおりです。

※大羽労務管理事務所のトップページへ※