人材採用で失敗した経験はありませんか?

会社を経営する上で、一番頭を悩ませるのが、
人に関する事ではないでしょうか?

例えば、人を採用する時です。
「履歴書の経歴が良かったので採用したが、期待はずれだった」
「多数の面接をおこなって、時間と労力を費やしたが、
   誰を採用したら良いのかの判断が難しい」
シュガー社員で解雇するのに色々と要求され、苦労した」  など、
なかなか面接だけでは、その人の中身までは見抜く事ができず、
いったい誰を採用すればよいのか悩みます。

採用を失敗すると、会社にとって精神的にも経済的にも大きな損失が発生するかもしれません。
「適性診断SR」は入社希望者の採用テストにも活用できる性格適性検査です。
検査結果から回答者の志向や行動特性をしり、求める人材かどうかを見極める参考になります。

シュガー社員の特徴と傾向
●突然、何の連絡もなしに会社を辞める
●仕事場で叱責すると、親が会社にきて講義する
●定刻時に出勤しない(時間にルーズ)
●会社よりプライベートが優先、業務に支障をきたす
●自立心が乏しいわりに、自信過剰である

適性診断を活用することによって。

 採用選考時の適性検査、筆記試験としてだけではなく、
社員のモチベーションや職場での社会性を把握するのに役立ち、
社員や組織の問題点を浮き彫りにし、組織全体の活性化を図ることができます。

適性診断の特徴

 適性診断SRは使いやすさ、分かりやすさを重視しており、
自身の性格面について直感で答えてもらう択一問題や
「はい・いいえ」で答える設問など、計96問を概ね15分程度で回答できるようになっています。

診断の種類

@性格心理学をベースに、職業的興味の志向性を探る4方向興味分析
A仕事に関する長所、短所
B職務適性等を診断する16の性格類型分析
C行動特性や感情精神面での特性から長所・短所を探る特性分析
D回答に嘘が無いかの信頼性診断  まで
A4サイズ、3ページによる診断結果が表示され、
企業が求める人材像に近いか?適材適所であるか?を判断する材料にできます。

◆詳細につきましては、お気軽にお問合せください

トップページへ戻る

適性診断SR
※組織風土検査も行っております!
(従業員の皆さまに、アンケートを行って頂き、データ集計シートをお渡ししています。)